高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査②職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)です。、医療費が安く。
生活保護者や高齢者及び障害者の老人ホーム、老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅の費用が安い介護が必要、看護師、介護の転職や求人募集

サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容) について説明させて頂きます。

スポンサーリンク

高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容) について説明させて頂きます。

高齢者施設についてというページで各高齢者住宅・施設の説明をしていますが、説明不足の点もありますので、ひとつひとつ詳細を説明したいと思います。

サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容) について説明させて頂きます。

スポンサーリンク

※概要
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の実態調査のまとめ第2弾です。運営会社側の実態をまとめています。

<はじめに>


前のページでは、入居者に絞った実態を紹介させてもらいました。
今回は運営会社側の実態(職員体制、状況把握、生活相談及びサービスの内容)を紹介します。
<参照元・前提条件>
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のみを取り上げます。また回答数は、全体の半数程度となっているので、すべて実態が反映されているわけではありませんので、その点ご留意ください。
※参照元、サービス付き高齢者向け住宅等の実態に関する調査研究(財)高齢者住宅財団
※対象件数、1,141件/2,065件(回答件数/ 登録物件数)
※対象時点、平成24年8月31日
<職員体制>
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、ケアの専門家※が少なくとも日中建物に常駐し、安否確認サービスと生活相談サービスを提供することと決まっています。
今回の職員体制に関する質問は、最も中心的な役割を担う職員1名を対象にしているので、常駐しているケアの専門家をイメージしてもらえばいいと思います。
※ケアの専門家
社会福祉法人・医療法人・指定居宅サービス事業所等の職員、医師、看護士、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、ホームヘルパー1級または2級の資格を保持するもの。
※勤務形態
併設事業所との兼務が54.6%と、住宅の職員として専従の43.9%を上回りました。
※保有資格・福祉分野での勤務年数
保有資格は、ホームヘルパー(2級以上)が60.4%と最も多く、ついで介護福祉士が46.5%でした。ケアマネジャーは22.5%、看護士は11.9%でした。
また、
勤務年数は10年以上の経験を持つ者が全体の約1/3であり、4年以上では59.9%でした。
※日中の配置人員数
日中の配置人員は、1人が最も多く、30.4%であり、次いで3人が19.8%、2人が18.8%でした。
※夜間人員配置
夜間の人員は全体の81.6%で配置されていました。
勤務形態は夜勤(夜勤と宿直含む)が61.3%であり、宿直のみが17.1%でした。
<補足>
運営会社別に結果をみると、建設・不動産業では、夜間の職員配置なしが16.0%と他の業種と比べ高かったということです。
また、
住戸数別の夜間の人員配置を見ると、住戸数が多くなるほど、夜間職員を配置する割合い高くなる傾向が見られたということです。
<状況把握及び生活相談サービスの内容>
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)のサービスとは、安否確認と生活相談です。安否確認サービス(状況把握・見守り)の方法は、決まりがなく運営会社によってそれぞれです。
※状況把握・見守りの実施方法(複数回答)
定期的な居室への訪問が84.6%、緊急通報コールが83.1%、喫食による確認が71.9%、間接的な方法によるものが45.3%という結果でした。
また、
定期的な居室への訪問の訪問頻度は、86.3%が1日3回以上でした。

スポンサーリンク

老人、障害、高齢者、生活保護、高齢者の安否確認サービス(状況把握・見守り)の図

見守り方法
※緊急時の対応方法(複数回答)
高齢者の緊急時の対応方針としては、「主治医や協力・連携する医療機関への通報」「救急車による搬送」が9割を超え、「医療機関へ入居者を自ら搬送」は57.6%でした。
※ここ一ヶ月で受けた生活相談の内容
「介護に関する相談」が最も多く72.8%、次いで「医療に関する相談」の67.5%、「日常生活に関する相談」の49.1%でした。
その他では、「他の入居者との人間関係に関する相談」(31.4%)や「家族・親族との人間関係に関する相談」(18.6%)といった人間関係に関する相談や、「行政サービスに関する相談」(14.9%)が比較的多くみられました。

老人、障害、高齢者、生活保護、高齢者の介護に関する相談の図

相談内容
※生活支援サービス
「通院への付添」が64.2%と最も多く、「ゴミ出し」「通院以外の個別の外出」「買い物の代行」「洗濯サービス」「清掃代行」「金銭の管理」を実施しているとの回答が40%~60%程度みられました。
※入居者同士のコミュニティ形成支援
「イベントや行事の実施」と回答が最も多く71.2%、次いで「カフェ等の交流スペースの設置」38.1%、「定期的なサークル活動等の支援」26.7%でした。「実施していない」という回答は16.0%でした。
また、
「イベントや行事の実施」との回答の際の実施回数は「年1回開催」という回答から「年間13 回以上開催」といったものまで幅広くみられました。 <まとめ>
それぞれの結果について、簡単な感想及び分析をします。
※職員体制
勤務形態として、併設事業所との兼務と住宅の職員として専従というのは、前者は介護会社が運営までおこなっているケースで、後者が運営会社が別途管理人を置き、外部の介護サービス会社を利用するケースを想定して頂ければと思います。
夜間の人員配置で8割超というところですが、補足をさせて頂きます。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、日中にケアの専門家を1名配置する必要があり、夜は強制ではありません。
夜間職員が不在の場合は部屋に備えた緊急通報装置よっておこなわれます。
※状況把握及び生活相談サービスの内容
状況把握・見守りの実施方法については、定期的な居室への訪問が84.6%と非常に多い印象を受けました。
また生高齢者の活相談の内容については、成年後見制度に関する相談が3.5%、転居前に住んでいた住宅に関する相談が3.5%、家計や資産に関しての相談が3.5%と、自身の財産等に関する相談が少なからずありました。
そういった相談は、専門家や士業の人の領域です。

老人ホームの種類費用・介護施設の種類や費用別に案内をしています。

老人ホームや有料老人ホーム、高齢者向け賃貸住宅、特別養護老人ホーム(特養)など、 全国35,000件以上の高齢者向け施設・住宅の情報をご紹介している介護施設検索でき、ネットから入居資料パンフレット請求ができます。全国の老人ホームが毎日空室状況を更新しています。

老人ホームや介護施設のパンフレット請求

人気の介護施設の口コミ・ランキングや即入居可・空室有りの施設特集
夫婦入居・二人部屋に対応している介護施設特集、24時間看護の介護施設特集
認知症可の介護施設特集
認知症重度対応可の介護施設特集
安い・低価格の介護施設特集
高級・プレミアム感のある介護施設特集
入居一時金0円でも入れる介護施設特集
新設・ニューオープンの介護施設特集など案内です。

老人ホームや介護施設のパンフレット請求1

全国の老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、グループホームなどの種類や費用別入居パンフレット請求です。 各都道府県から市町村別で、入居時費用、自立 、要支援1・2 、要介護1から要介護5、認知症の各種条件で 検索でき、ネットから資料請求できます。  7ヶ月以内に新規オープンした老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、介護療養型医療施設、グループホームなどの施設から探せます。  24時間看護師常駐の老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、介護療養型医療施設、グループホームなどの施設から探せます。  入居金0円の老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、介護療養型医療施設、グループホームなどの施設から探せます。  認知症でも利用可能な老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、介護療養型医療施設、グループホームなどの施設から探せます。

老人ホームや介護施設のパンフレット請求2

老人ホーム入居をお考えの方を支援するサイトです。種類や費用の希望条件に叶った全国の施設情報を求める方のナビゲーターとして、老人ホーム検索は、各種条件で介護施設検索でき、ネットから入居パンフレット請求ができます。 全国の老人ホームや介護施設を各種条件で検索し、ネットから入居パンフレット請求ができます。
24時間看護体制で緊急時ケアも安心の、日中から夜間まで看護師常駐の施設から探せます。
専門ケアが充実し、認知症の方でも安心して生活できる老人ホーム・高齢者住宅、施設から探せます。
上質のサービスや設備、至上の食事などを極めた、高級感漂うワンランク上の老人ホーム・高齢者住宅、施設から探せます。
サービス付き高齢者向け住宅、高齢者の生活を支援するサービスの付いたバリアフリー住宅です。トイレ・浴室・キッチン完備の居室などもあり、自宅のように悠々自適に生活することができます。入居費用を抑えつつ、いざという時にも安心して暮らせる施設から探せます。
特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体が運営する公的な施設です。寝たきりや認知症など比較的重度の方、緊急性の高い方の入居が優先となるため、入居待ちの方が非常に多く、入居までに早くて数ヶ月の施設から探せます。
高齢者向け住宅、高齢者向けの賃貸住宅です。一般的な賃貸住宅同様に完全個室なため、自由に生活を送ることが可能です。有料老人ホームに比べ費用は低価格ですが、介護や生活支援サービスは別契約になるため、必要とするサービスをきちんと把握する必要があります。
食事提供などの生活支援サービスを提供する有料老人ホームです。介護を受ける場合には、外部の介護サービス事業者を利用することができます。介護度が高くなり利用サービスが増えると、介護費用が高くなったり退去しなくてはならない場合もあります。


老人ホームパンフレット請求と介護職の求人や転職の応募ができます。

老人ホームパンフレット請求1
パンフレット請求
老人ホームパンフレット請求2
パンフレット請求
介護用品の販売、通販
介護用品の販売、通販
老人ホームパンフレット請求3
パンフレット請求
介護求人|介護職
介護求人|介護職
介護の求人情報
介護の求人情報

老人ホームの種類費用・介護施設の種類費用などの介護求人について

全国の老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、グループホームなどの介護施設求人、介護就職情報です。
介護や福祉の仕事を専門に扱った求人情報サイトです。介護や福祉の仕事に関する求人情報を、会員登録することで、求人へ応募することができます。
各都道府県から市町村別で、正社員・契約社員 パート・その他の各種条件で 検索でき、ネットから会員登録することで、求人へ応募できます。

老人ホームや介護施設の介護施設求人流れ

介護施設の求人を地域からさがしたり、介護の求人を詳細条件で希望雇用形態を正社員・契約社員 パート・その他や、介護職種、その他・無資格 ヘルパー2級 ヘルパー1級 介護職員基礎研修 介護職員初任者研修 実務者研修 介護福祉士 介護支援専門員 社会福祉士 社会福祉主事任用 精神保健福祉士 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 看護師 准看護師 柔道整復師 あん摩マッサージ指圧師 介護事務 医療事務で探すこともできます。 新規オープンした老人ホーム、介護施設、高齢者住宅、介護療養型医療施設、グループホームなどの施設からの求人でも探せます。
介護職で有利な資格は、 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)、介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、 社会福祉士、医療事務、介護事務、看護師の資格などがあります。
介護求人の職種として、 介護職・ヘルパー、ケアマネジャー、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、 機能訓練指導員、看護師、送迎ドライバー、教育・学校、介護事務、医療事務、管理栄養士、
家事代行スタッフ、その他、
老人ホーム・介護施設などの介護求人で上記職種によっては、無資格でも募集があります。

高齢者の安い介護費用や老人ホーム、老人保健施設、年金などについての一覧です。

老人ホームの種類募集費用・看護施設の看護師、介護の転職や求人募集です。
老人ホーム費用が安い種類と求人 

看護師、介護の転職や求人募集(地域別) 

ヘルパーの求人 

ケアマネジャーの求人 

看護師の求人 

介護福祉士の求人 

老人ホームの種類・介護施設の種類 介護老人保健施設 

特別養護老人ホーム 

有料老人ホーム 

サービス付き高齢者住宅 

介護付き有料老人ホーム 

住宅型有料老人ホーム 

健康型有料老人ホーム 

養護老人ホーム 

軽費老人ホーム、ケアハウス 

軽費老人ホームA型 

軽費老人ホームB型 

介護療養型医療施設 

認知症高齢者グループホーム 

 
老人ホームの概要 

       
高齢者の介護保険のしくみと概要 高齢者の要支援・要介護のめやすと支給限度額について 高齢者の介護保険の上乗せサービス・横出しサービスとは    
高齢者の介護サービスの種類とは 高齢者の居宅サービス2.訪問入浴介護3.訪問看護 高齢者の居宅サービス4.訪問リハビリテーション5.居宅療養管理指導 高齢者の居宅サービス6.通所介護(デイサービス)7.通所リハビリテーション(デイケア) 高齢者の居宅サービス8.短期入所生活介護(ショートステイ)9.短期入所療養介護(ショートステイ)
高齢者の居宅サービス10.福祉用具貸与11.特定施設入居者生活介護 高齢者の地域密着サービス1.定期巡回・随時対応型訪問介護看護2.夜間対応型訪問介護 高齢者の地域密着サービス3.認知症対応型通所介護4.小規模多機能型居宅介護 高齢者の地域密着サービス5.複合型サービス6.認知症対応型共同生活介護(グループホーム) 高齢者の地域密着サービス7.地域密着型特定施設入居者生活介護8.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
高齢者の施設の説明1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)2.介護老人保健施設(老健) 高齢者の施設の説明3.介護療養型医療施設(介護療養病床)4.養護老人ホーム 高齢者の施設の説明5.軽費老人ホーム(A型・B型)6.都市型軽費老人ホーム 高齢者の施設の説明7.ケアハウス8.シルバーハウジング 高齢者の施設の説明9.グループホーム
高齢者の施設の説明10.有料老人ホーム 高齢者の(リバースモーゲージ)制度      

高齢者の施設等の説明      
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅1. 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅2.(現状の数と将来推移) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅3.(サービスとは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅4.(サービス付き高齢者向け住宅と有料老人ホームの違い) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅5.(メリット・デメリット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅6.(ご夫婦部屋について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅7.(入居条件) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅8.(食事について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅9.(併設施設) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅10.(地域と月額料金)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅11.(退去要因) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅12.(サービス付き高齢者向け住宅と医療行為) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅13.(契約関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅15.(安否確認) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅16.(サ高住と認知症)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅17.(サ高住と在宅療養支援診療所) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅18.(東京都における独自ルール) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅19.(お酒とタバコ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅20.(よくあるクレーム) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅21.(サ高住とペット)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅22.(サ高住と特養の入所待ち) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅23.(サ高住の運営会社の業種について) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅24.(サ高住の特定施設とは) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅25.(実態調査①入居率・入居者像・入居動機) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅26.(実態調査② 職員体制及び状況把握・生活相談サービスの内容)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅28.(サ高住と小規模多機能型居宅介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅29.(サ高住と高円賃・高専賃・高優賃) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅30.(実態調査③ 医療関連) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅31.(サ高住と定期巡回・随時対応型訪問介護看護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅32.(入居の準備に必要な手続き・必要なもの)
高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅33.(サ高住と訪問介護) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅35.(サ高住は終の棲家になり得るか) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅36.(サ高住の増加理由[補助金・税制優遇・土地活用]) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅37.(サ高住に入居するまでの流れ) 高齢者の施設の説明11.サービス付き高齢者向け住宅38.(サ高住の費用はいくらくらいか(初期費用・月額費用))
老人ホーム、介護施設一覧 特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅一覧 養護老人ホーム、軽費老人ホーム一覧 老人保健施設、地域別一覧 デイサービス、地域別一覧
個人情報保護 相互リンク集 運営情報 お問合せ  
         

老人ホーム費用が安い種類と求人